就活支援インフォメーションサイト

勉強したことを知っていることからできることに昇華する

ビジネスに勉強は役立つの?

根本的な問題として勉強がビジネスに役立つか否かを問われた場合、勉強はビジネスにも役立ちますが、業種や個々人の資質等もあって一律に役立つわけでもないことから、100%役立つとも言えないために、物で例えると必需品というよりは嗜好品寄りなので、全ての場合においてビジネスのために勉強を必要とするわけではないでしょう。

これは、中高生頃に抱く今学んでいることが将来にとって役立つかという疑問にも通ずるものであり、実際に仕事をするにあたって必要な知識を十分に備え、求められるものが現場での実地で培うべきものならば、ビジネスのために勉強をする必要性は薄いでしょうが、仕事で求められる最低限の知識の備えがなければ勉強で補う必要性が生じ、勉強はビジネスに役立つはずです。

勉強をビジネスに生かすために

基本中の基本となりますが、勉強で得られるものは知識に他ならず、知識があるだけで何かができるわけではない一方、知識なくして何かができるわけではないことは明々白々であるので、勉強によって得た知識を生かすことができなければ、ただ、知識が増えるだけに過ぎず、単純に勉強して知識を収集してもビジネスに生かせるとは限りません。

勉強によって学んだ知識をビジネスに生かすためには、勉強の仕方や勉強するジャンルをある程度絞って業界に役立つ知識を学んだり、業種に関係なくビジネス全般で役立つ汎用性の高い知識を学んだりしなければならず、勉強で学ぶ知識をきちんと選定する知識を持っているか、学ぶべきポイントを教授してくれる先達がいるかしなければ、勉強をビジネスに生かすことが難しい業種も少なからずあります。


TOPへ戻る